Home> 保全の取り組み > 現地試験 > 杭設置試験

杭設置試験

 杭設置試験の実施状況

(1)杭設置試験の概要

   ■ 目的

杭を設置することでアオサの吹き寄せ・集積が軽減されるのかを確認します。

   ■ 内容

アオサの堆積・腐敗が顕著な谷津干潟北岸(芝生広場南東側)の沖側に複数の杭を並べて設置します。

   ■ 実施状況

平成25年3月施工、平成26年3月施工(杭延長)からモニタリングを継続中

(2)モニタリング状況

   ■ モニタリング項目

浮遊アオサの挙動(移動・捕捉・剥離状況)

   ■ 評価方法

杭設置箇所の浮遊アオサの挙動をモニタリングすることで、対策実施による効果と影響を評価します。

   ■ 現時点での評価結果

・杭設置から1年が経過しても杭は倒れることなく維持されている。

・アオサは杭で止められ、護岸際までアオサが吹き寄せられるのを防ぐ効果がみられる。

・アオサギ、アシシギ、木アシシギ等が杭にとまる様子が確認された。

kikuikouka.png

Home> 保全の取り組み > 現地試験 > 杭設置試験

先頭に戻る